FXや仕手株でローリスクな資産運用

ギャンブル

gamble

投資を代表とする資産運用は、ギャンブルと同じように捉えられることが多い。
しかし、資産運用はギャンブルと大きく違うものである。
その理由が、リスクコントロールである。
ギャンブルは、お金を賭けてしまえば結果が出るまで待つだけである。
しかし、資産運用に置いてはその待ち時間で判断することが出来る。
それが、損切りと呼ばれるものである。
損切りとは、これ以上損をしないための処置で途中で資金を引き上げることである。
資金を引き上げることにより、負けは確定してしまうがこれ以上の損をすることもない。
このように、ギャンブルとは違いリスクコントロールが容易となっている。

株式

資産運用の代表は投資となり、投資先の代表は株式となる。
株式投資は、本来上がりそうな株を予想するものであった。
しかし、現在では下がる株を予想して空売りという手法で回収する技術が存在する。
空売りというのは、株を手元に持っていないのに売るという方法である。
この空売りをした後で、下がった株を購入し差額を得ることが出来る。
そのため、現在の株式投資では下がる株を予想する側と上がる株を予想する側に分かれている。
また、この株価を意図的に操作しようとする団体がある。
その株のことを、仕手株と呼ぶ。
仕手株は、あらゆる手段を用いて意図的に価格を操作されていく。
この仕手株は、値上がりや値下がりが非常に激しいため、短期間で儲ける為にあえて投資先に選択する人も多い。

マネーゲーム

monaygame

投資のことを、マネーゲームと評されることがある。
その理由は、ゲーム感覚のように簡単に取引が出来るからである。
現在では、投資に関してネットを使う人が非常に多い。
マウスとキーボードのみを使い、簡単に取引出来るのが最近の投資である。
また、ネットでの投資が人気になった理由としてFXの存在が挙げられる。
FXとは、外国為替取引のことで、外国の通貨を対象とした投資である。
最近では、様々な仲介業者が存在するため、それぞれのメリットに合わせて複数の業者を利用する人も多い。